社会福祉法人太陽福祉協会
〒190-0181
東京都西多摩郡日の出町
大久野5107
TEL.042-597-2811
FAX.042-597-2812
 

地球農園

 

地球農園について

地球農園について
 
概要
地球農園は市民ボランティアが開園し、NPO法人日の出太陽の家ボランティアセンターが運営しています。多くの方にご協力いただきながら、障碍者の就労できる農園づくりをめざしています。
 
新規ホームページを下記に開設しました。
   
所在地
所在地:東京都あきる野市引田301-2
   (JR五日市線「武蔵引田駅」徒歩10分)
連絡先:NPO法人
    日の出太陽の家ボランティアセンター
    buke@taiyonoie.org
 

地球農園の取り組み

地球農園の取り組み
 
1.赤ちゃん46億年の旅
赤ちゃんはお母さんのお腹の中で、地球46億年の旅を経て生まれてきます。私たちは地球の歴史とともにあり、地球の恵みの中で生きています。この恵みに感謝し、大地の中で元気な野菜を作ろうと「地球農園」と名付けました。
 
2.障害者が働ける農園に
障害を持っても、笑顔で生き生きと働き、元気・安心・安全野菜を作り、皆さんに喜んでいただける農園づくりをめざしています。
 
3.地元農家の支援
 人手が足りず放置されている農地の開拓をおこなっています。障害者の働く姿、たくさんのボランティアの汗を流す姿は、地元農家のみなさまからも高い評価をいただいております。
 
4.有機減農薬栽培の実践
障害の発生原因の一つに農薬があると言われます。極力農薬に頼らない有機減農薬栽培を行っています。
 
5.資源循環農法の取り組み
微生物を活用した「EMボカシ」の製造、販売を行っています。EMボカシを使った生ごみの堆肥化、害虫捕獲剤製造、虫よけ剤製造、甘くなる肥料など開発しています。
 
6.イオンモール日の出「食の駅」で販売
イオンモール日の出の「食の駅」で旬の野菜の販売を開始し、お客様から喜ばれています。
 
7.都心ビルでの実験
千代田区大手町の「スカイガーデンビル」屋上の日本庭園で、EMボカシを使った落ち葉堆肥実験を行い、素晴らしい堆肥が完成しました。多方面での普及をめざしています。2015年からイオンモール越谷店でも取り組みが始まりました。
 
8.企業の社会貢献活動の場として
JCB様、アクセンチュア様、日本郵船様はじめ、多くの企業がCSR(社会貢献)活動で農園ボランティアに参加いただいています。この活動が障害者の農園支援、放置農地の開拓、地元農家の信頼獲得、資源循環農法の構築、地球環境保全への取り組みにつながり、有意義なCSR活動として成果を上げています。また、参加した社員とそのご家族からは、リフレッシュ活動としてとても喜ばれています。
 
9.地球ロードマップを作ろう
地球農園の周囲に、地球46億年の歴史を紹介する遊歩道をつくり、みんなで地球誕生から現在までを学び、美しい地球を未来に残す方策を勉強していきたいと思っています。
 
10.みんな笑顔に
赤ちゃんは親の愛情と地球の恵みの中で 笑顔に
障害を持った人は みんなの役に立てることで 笑顔に
農家は 荒れた農地がよみがえり 笑顔に
市民は安心・安全・元気野菜が食卓に並び 笑顔に
畑は有機堆肥でよみがえり 笑顔に
社長は会社が社会に貢献できたことに 笑顔に
社員と家族は土に触れて野菜に触れて 笑顔に
地球は自分のことを心配してくれる人たちに感謝して 笑顔に
みんな笑顔に 地球農園
qrcode.png
http://taiyonoie.org/
モバイルサイトにアクセス!
<<社会福祉法人太陽福祉協会>> 〒190-0181 東京都西多摩郡日の出町大久野5107 TEL:042-597-2811 FAX:042-597-2812